ようこそ!いわき総合法律事務所ホームページへ! トップへ
トップページ > 弁護士・スタッフの紹介
弁護士・スタッフの紹介
弁護士の紹介
弁護士 岩城 穣 (いわきゆたか)

和歌山県那賀郡(現・紀の川市)出身、京都大学法学部卒、1988年弁護士登録 (司法修習第40期)。
血液型はA 型。
好きなものは、お酒(何でも)、ラーメン、映画・ビデオ鑑賞、韓国ドラマ、阪神タイガース、麻雀など(実に雑然)。

(1) 主な経歴(◆は現職)
◆ 大阪過労死問題連絡会 事務局長(1995年11月~現在)
◆ 過労死弁護団全国連絡会議 事務局次長(1999年9月~現在)
◆ 民主法律協会 元事務局長(2004年8月~2007年8月)、現幹事長(2019年8月~現在)
◆ NPO法人働き方ASU-NET 共同代表(2013年7月~現在)
◇ 元「ストップ!過労死 過労死防止基本法制定実行委員会」事務局長(2011年11月~2014年8月)
◆ 過労死等防止対策推進全国センター 事務局長(2014年10月~現在)
◆ 過労死防止大阪センター 副幹事長(2015年3月~現在)
◆ 厚生労働省「過労死等防止対策推進協議会」専門家委員(2014年12月~現在)
◆ 欠陥住宅被害全国連絡協議会(欠陥住宅全国ネット)元事務局長(1999年5月~2006年11月)、現在は副幹事長
◆ 欠陥住宅関西ネット 代表幹事(2010年3月~2023年3月)

(2) 弁護士をめざした動機
私が弁護士という仕事を意識したのは、中学3年の時、社会科でフランス人権宣言、三権分立や国選弁護人のことを学んだ時でした。そして大学時代に、戦前の弁護士布施辰治の「生きべくんば民衆とともに 死すべくんば民衆のために」という言葉が胸に響き、「民衆の弁護士」になろうと決意を固めました。
現在の「民衆」は、まじめに働き、生活しているすべての市民だと思います。みんなが「生まれてきてよかった」「頑張ってよかった」と言える社会になるよう、弁護士としての立場で、できる限りのことをしたいと思います。

弁護士 田中 厚 (たなかあつし)

大阪府豊中市出身、京都大学法学部卒、1989年弁護士登録(司法修習41期)。
血液型はA型。
趣味は、俳句(俳句結社「凧」)、将棋(三段)、料理、卓球、ハムスター飼育等。小説(天国と地獄~社会派弁護士の半生)の執筆・出版、ミュージカル(「憲法のレシピ」)出演歴あり。

(1) 担当した著名事件
テレビ発火事件(大阪地判平6.3.29・判時1493.29、大阪地判平9.9.18・判タ992.166)、仙台地方裁判所裁判官分限裁判事件(最判平10.12.1・憲法判例100選(2)第4版394)、信楽列車事故事件(大阪地判平11.3.29・判タ1010.96、大阪高判平14.12.26・判タ1116.93)、マンションのシックハウス集団訴訟(勝利和解)、雪印乳業集団食中毒事件(勝利和解)

(2) 主な経歴
◆ 大阪弁護士会消費者保護委員会副委員長(安全部会長)(1999年4月~2001年3月)

◆ 欠陥住宅関西ネット事務局長(2002年2月~2012年3月)

◆ 日弁連消費者問題対策委員会副委員長(PL・情報公開部会長)(2002年6月~2004年6月)

◆ 大阪弁護士会住宅紛争審査会紛争処理委員(2000年10月~現在)

◆ 公益通報者保護法に関して衆議院内閣委員会で日弁連を代表して参考人意見陳述(2004年6月)

◆ 豊中簡易裁判所司法委員(2005年1月~2010年12月)

◆ 大阪弁護士会消費者保護委員会委員長(2005年4月~2006年3月)

◆ 大阪弁護士会公益通報者支援委員会委員長(2006年4月~2008年3月)

◆ 大阪府消費生活苦情審査会委員(2007年9月~2011年9月)

◆ 大阪府建設工事紛争審査会特別委員(2023年4月~現在)

(3) 著書(共著、編集を含む)
欠陥商品110番(共著・民事法研究会・1996年) 消費者のための欠陥住宅判例第2集(共同編著・民事法研究会・2002年) 信楽列車事故~JR西日本と闘った4400日(共著・現代人文社・2005年) 消費者六法(共同編集・民事法研究会) 通報者のための公益通報ハンドブック(共著・民事法研究会・2005年)

(4) 弁護士を志した動機等
人の役に立って少しでも社会を良くしたいと志し弁護士になりました。そのため公的活動や消費者被害に関する事件も多いですが、離婚、交通事故、借金問題、相続、遺言、成年後見等民事全般を取り扱い、顧問会社の事業上発生する様々な相談、事件依頼にも応じています。欠陥住宅問題については専門性を目指し建築士と協力しこれまで多くの案件を取り扱い数々の勝利判決、勝利和解を得てきましたので得意分野といえます。

弁護士 松村 隆志 (まつむらたかし)

石川県小松市出身、京都大学法学部卒業、京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了、2020年弁護士登録(司法修習第73期)。
血液型はA型。
大阪過労死問題連絡会所属、過労死弁護団全国連絡会議所属、欠陥住宅全国ネット所属、欠陥住宅関西ネット所属、労働問題特別委員会所属。

好きなものは、旅行、おいしい料理、街歩き。

<弁護士からの一言>

みなさまの中には、だれにも相談できず、1人で問題を抱え込んでいる方もおられるのではないでしょうか。弁護士事務所は敷居が高く感じられるものかと思いますが、ぜひ一度ご相談いただければと思います。みなさまの問題のよりよい解決の一助となれるよう、精一杯努力いたします。

 

弁護士 村西 優画 (むらにしゆうが)

石川県能美市出身、京都大学法学部卒業、京都大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了、2023年弁護士登録(司法修習第76期)。 血液型はB型。過労死弁護団全国連絡会議所属、大阪過労死問題連絡会所属、過労死等防止対策推進全国センター所属、過労死防止大阪センター所属、民主法律協会所属、欠陥住宅全国ネット所属、欠陥住宅関西ネット所属、自由法曹団所属、自由法曹団大阪支部所属、青年法律家協会所属、青年法律家協会大阪支部所属

おいしいご飯、お酒、催事に行くこと、映画鑑賞など。

<弁護士からの一言>

日常生活においてあらゆる出来事が法律に関係しています。それだけに、守られるべき権利もたくさんあります。どんな悩みや不安でもご依頼・ご相談いただいた方とともに考えていき、一人でも多くの方のお悩みの解決に尽力できればと思います。ぜひお気軽にご相談ください。

 

スタッフより一言
大谷 ちひろ(法律事務主任)
あべの総合法律事務所時代から岩城弁護士の担当事務局をしてきました。
人と人のつながりを大切にし、悩みや不安を抱えたご依頼者・ご相談者の方に、少しでも安心してご来所いただけるように努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


岩城 啓子
(総務主任)
ご依頼者の皆様に安らぎを感じていただけるよう、スタッフとして努力していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


柳瀬 陽
(法律事務全般)
事務所の窓口として、依頼者の皆様に安心してご相談いただけるような対応を心がけております。

ご不明な点・不安な点等ございましたら、遠慮無くお声掛け下さい。

ページトップへ